Home
企業情報
企業方針
事業紹介
工事実績
採用情報

謹賀新年 年頭のごあいさつ 代表取締役 長﨑伸彦

2016イラスト謹んで新年のお慶びを申し上げます。
旧年中は、皆様より格別なるご支援とご厚誼を賜り、心より御礼申し上げます。

「金」という文字で締めくくられた昨年。日銀がマイナス金利政策を導入、消費増税が延期になるなどアベノミクスに陰りが見えた1年でした。
外に目を向けると、中国経済の衰退が加速、英国は国民投票でEUからの離脱を決定、米国では大方の予想を翻し次期大統領にトランプ氏が選ばれるなど、世界が大きく動いた年でもありました。
日本各地では自然災害が猛威を振るい、熊本地震、鳥取県中部地震、台風10号が甚大な被害をもたらしました。被災された皆様には心よりお見舞いを申し上げます。一日も早い復興をお祈り申し上げます。

一方、8月にリオデジャネイロで開催されたオリンピックでは過去最多のメダル数を獲得。2020年の東京オリンピックに望みをつなげました。 またプロ野球では広島東洋カープが25年ぶりリーグ優勝、大リーグ・イチロー選手の3000本安打達成もファンを大いに沸かせました。 ファジアーノ岡山のJ1昇格は夢に終わりましたが、今後の活躍を期待させる結果に岡山県民としてとても誇らしく感じました。

科学技術の世界では、東京工芸大栄誉教授の大隈良典さんがノーベル医学、生理学賞を受賞。生物が細胞内でたんぱく質を分解して再利用する、細胞のリサイクルとも言える「オートファジー」と呼ばれる現象を解明、日本人の同賞2年連続受賞という名誉を果たしました。

小さい努力の積み重ねと課題に向き合うひたむきな姿勢は、結果を残し人々を感動させ次代へと受け継がれていきます。継続した努力は裏切らないということです。

私たちは創業以来、解体とそれにより発生する廃棄物処理が解体事業者の使命であると考え、リサイクルが世間で叫ばれる以前から産業廃棄物の処理に取り組み、中間処理場の設置、移動式破砕施設の導入など時代に先駆けたアプローチを継続的に取り組んで参りました。
本年も引き続き、未来を見据えた循環型社会を整備する取り組みや解体事業のプロとして高品質な解体サービスの提供、現場の安心安全の確保と環境保全、リサイクル率の向上に取り組む所存でございます。

2016イラスト皆様のご指導、ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。
最後となりましたが、本年も皆様方のご健康とご多幸を心よりお祈りし年頭のご挨拶とさせていただきます。

2017年 元旦