Home
企業情報
企業方針
事業紹介
工事実績
採用情報
システム
解体事業
リサイクル事業
環境事業

通常、解体工事からは「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」で定められた7種類の産業廃棄物が、通常の建築物・工作物解体工事で発生します。 木くず、がれき類、金属くずの一部は「建設リサイクル法」で再資源化等が義務付けらていますが、廃プラスチック類、ガラス・陶磁器くずは通常埋め立てられてしまいます。
しかし、弊社では廃プラスチック類はRDF(固形燃料)に、ガラス・陶磁器くずはコンクリート細骨材に、というように、自社が手掛けるすべての解体で発生した産業廃棄物を再資源化することを目標としてリサイクルシステムを構築しています。

分別解体工事
  1. 作業前
    作業前
  2. 屋根葺き材の取外し
    屋根葺き材の取外し
  3. 内装材の取外し
    内装材の取外し
  4. 上屋の解体
    上屋の解体
  5. 基礎の取外し
    基礎の取外し
収集運搬
排ガスの排出量を最小限に抑え周辺環境に考慮した最適なサイズの運搬車両を配車しています。
収集運搬車
廃棄物処理(福谷リサイクルセンター)
廃棄物処理(福谷リサイクルセンター)

システム

ページの先頭へ